治療(医療行為)|全国ペインクリニック検索

ホーム > 用語集 > 治療(医療行為)

治療(医療行為)について

出典:治療 - Wikipediaより

治療(医療行為)とは

治療(ちりょう)とは、特に患者の病態を改善し、健康にするため施す医療行為である。

呪術医の時代から科学に裏打ちされた近代医療へと医学を変化させたとされるヒポクラテスは、「医師が病を治すのではなく、身体が病を治す。」と表現、患者など治療される側の「治ろうとする身体機能」を補助するのが治療であり医療行為だとしている。この考えは現代にも継承されており、患者自身の治ろうとする意思を尊重する形で、医療方針が選択されている(→インフォームド・コンセント)。

21世紀の現代では、生物の体の機能がより詳しく解ってきたため、より積極的な各種手法を導入する様式が一般的となっている。病気や疾病・怪我(外傷)などを医学的に観察(問診を含む)し、必要であれば各種検査(血液検査、尿検査、放射線検査等)を行う。結果に応じて疾患及び合併症を考慮し投薬(与薬)ないし手術など処置を行う。

また、入院生活の中で、主に看護師によって行われる、清拭(せいしき)、入浴介助などの看護、介護などをcare(ケア)と呼び、患者の状態の把握や、精神的なフォロー(メンタルケア)は治療による、転帰(治癒、寛解、軽快など)に大きな影響がある。こういった日常的なケアは衛生維持だけではなく、患者の刻々と変化する体調を間近に観察する機会でもあり、健康維持に役立つと考えられている。

関連用語

手術

閲覧履歴