原因療法|全国ペインクリニック検索

ホーム > 用語集 > 原因療法

原因療法について

出典:原因療法 - Wikipediaより

原因療法とは

原因療法(げんいんりょうほう)とは、症状や疾患の真の原因となっているものを直したり取り除いたりする治療法である。対症療法と対置される概念。

例えば、胃痛に悩まされている患者がいるとする。その患者に痛み止めの薬を服用させるのは対症療法にすぎない。

その胃痛の原因を辿っていったときに、例えば胃潰瘍があり、さらに胃潰瘍ができる原因として患者の職場での人間関係の心労があったとする。そのような場合に、胃潰瘍の治療を行うことをもってして「原因療法」と考えることも一応は可能である(通常の医療ではこのあたりまでしか行わない)。だが、真の原因療法、深いレベルでの原因療法というのは、この場合は患者の職場の人間関係を解決する(たとえば配置転換を申し込む、転社・転職する、あるいは高度な人間関係の対処法を学ぶ、等々)ということになる。

このような深いレベルでの原因療法を行わない限り、人体というのはたとえひとつの疾患を物理的に治療しても、次から次へと他の疾患が現れてくることがよくあることは、たびたび指摘されている。

関連用語

対症療法

閲覧履歴